それ、マ!?年子育児のフルタイム生活

年子子育てについて、自閉症育児・療育について。

お兄:診断がつくまで①

 こどもの発達に不安がある方は、生の声が欲しいですよね。お兄に診断がつくまでの記録です。

一つお伝えするならば、療育の門出は狭い。

そこのスタートにたどり着くまでに親は何回泣いて、こども本人も何度困るか。周りの子と比較せず、こども本人を見る。とても難しいことです。

 

f:id:ririk5037:20190301212833p:image

 

出産時は特に問題なく、首すわり〜つたい歩きまでは平均以上のペースで育っていました。

ただ音に神経質なことと、夜の睡眠時間が18時〜5時に徐々になっていました。誰に相談しても、早寝早起きはいい事!しか言われず時には4時から朝の活動スタート。

 

ギャン泣きのレベルが激しく、当時から一度癇癪を起こすと手がつけられません。周りに子持ちもおらず、自分が小さい時も激しいと親にも言われるばかり。

 

 

ハッキリと異変を感じたのはお兄8ヶ月の時

 

写真を見ていると目線がこっち向いていないんじゃない?最近目も合っていないんじゃないか?と思いました。

その時に全身にぶわっと震えが走ったのを未だに覚えています。

 

きっとこの子は自閉症なんだろう

密かに思っていたことを夫や両家親族に伝えても笑われるばかりです。

診断おりた今ですら両家親族は信じてくれません。幸い夫は事実は分かり、注意事項を言えばそれを守ってくれるようになりました。

 

インターネットを検索しては、自閉症だと思ったけど違った投稿を読み漁っていました。その反面、自閉症発達障害の本を購入し接し方やそのものについて知ろうとしました。

 

10ヶ月検診で相談しても、保健士さんに個別相談しても、大丈夫しか言われません。

 

1歳過ぎても歩きもせず(これに感しては、お兄に限れば無駄に不安だったかも)

発語もママ、だっ(抱っこ)、すっ(いただきます)、動詞がちょつぴり。

指差しもしない。目も合わない。誰に抱っこされてもニコニコ。

 

ようやく1歳半検診を受けた時に、周りの子の口頭指示の通り方に驚きました。

 

うちとは、違う

 

心がザワザワすると共に、ようやく動けることに安心しました。保健士さん面談をしても、言葉は追い追いで大丈夫。お母さん心配しすぎ、で終わりかけました。

絶対違うから、どうにか療育をしたいと相談して、市の発達教室の順番待ちに登録できました。